SAKURA-PC

桜PCの役立つパソコン情報

~パソコンの購入からトラブル解決や活用まで総合案内するPC講座~
Update:

AOMEI Backupper について

概要

AOMEI BackupperはWindowsPCのバックアップソフトです。AOMEIは無料で使えるバックアップソフトとしては日本で高い知名度があります。

無料Standard版でも、ボリュームやデータの完全バックアップ、スケジュールバックアップ、クローンディスクの作成、起動ディスクの作成が可能です。

PCバックアップの重要性

パソコンのデータはHDDやSSDなどのストレージに記録されていますが、様々なトラブルによって保存されているファイルが使えなくなってしまうことがあります。

データの消失や破損に備えるのがバックアップ

以下の理由によりデータが消失する可能性があるので、バックアップによる備えが必要です。

  • ディスクの故障(寿命)によるデータ消失
  • 操作ミスによるデータの削除
  • Windows Updateやセキュリティソフトの不具合などによるデータ消失(削除)
  • 電源やマザーボードの故障に伴うディスクの破壊
  • 停電などの電力消失に伴う操作中のファイルの破損
  • 正常に終了できなかったことによるシステムファイルの更新の失敗(ファイルの破損)
  • システムファイルの破損に伴い、Windowsが起動できなくなる
  • アプリケーションのファイルの破損により、実行中にエラーが頻発する

これらは異常が起きる前にバックアップを実行しておくことで、異常が起きてから元に戻すことができます。

AOMEI Backupperについて

AOMEI Backupper」はWindowsPCのバックアップソフトです。無料のバックアップソフトを調べると、最初におすすめされることが多いソフトではないでしょうか。フル機能が2台のPCで使えるProfessionalWindows10でもおすすめのPCバックアップソフトです。

ダウンロード及び製品詳細はAOMEI公式サイトをご参照ください。

AOMEI Backupper の エディションの違い

AOMEI Backupper」ではバックアップの基本機能は無料の「Standard」で使用することができます。ブータブルメディアの作成も「Standard」で可能となっています。高度な機能は「Pro」の購入が必要となっています。

Pro」は2台のPCにインストールして使うことができ、「Technician」では機能は同じですが台数無制限となっています。

Server」はWindows PCとWindows Serverに対応しており、1台のコンピューターで使用することができます。「Technician Plus」ではServerと同じ機能で台数無制限となっています。

Standard
基本機能のみ。無料ですべてのPCで使える。
Professional
PC用のすべての機能が使える。2台のPCで使える。
Technician
PC用のすべての機能が使える。PCの台数無制限で使える。
Server
Proの機能に加えて、Windows Serverで使える。1台のコンピューターのみ。
Technician plus
Serverと同じ機能で、台数無制限のPCやServerで使える。

AOMEI Backupper の機能

機能は「Standard 4.6.3」を基にまとめています。

  • バックアップ
    • システムバックアップ
    • ディスクバックアップ
    • パーティションバックアップ
    • ファイルバックアップ
    • 同期
  • 復元
  • クローン
    • ディスククローン
    • システムクローン (Pro)
    • パーティションクローン
  • ユーティリティ
    • イメージをチェック (Pro)
    • ブータブルメディアの作成 CD/DVD/USB
    • AOMEI Centralized Backupper ※複数コンピューターの一括管理用ソフトです。
    • イメージファイルを検索 (Pro)
    • 無料のシステム最適化ソフト ※Advances SystemCareのダウンロードです。
    • イメージをマージ (Pro) ※複数のバックアップイメージを結合。
    • 配置をエクスポート/インポート ※バックアップイメージファイルを別の場所に安全に移動できます。
    • AOMEI Image Deploy (Technician) ※ネットワーク経由でシステムイメージを複数のコンピューターに展開できます。
    • AOMEI PXE Boot Tool (Pro) ※LAN内の別のコンピュータからブータブル環境で起動して、バックアップと復元の操作ができます。
    • ログ ※バックアッププロセスの詳細を確認することができます。

バックアップ機能の使い方

確実なバックアップは「ディスクバックアップ」でディスクのすべてのパーティションをバックアップします。ディスクが故障した場合、新しいディスクに復元すれば壊れる前と同じに使用できます。

システムバックアップ」はWindowsのシステムをバックアップします。Windowsが起動できなくなった場合などに同じディスクに復元をすることができ、バックアップで使用する容量が小さく済みます。

ディスクバックアップ」を実行していれば、「システムバックアップ」と同じに使うこともできます。Windowsのシステムボリューム以外も保存されるため、バックアップに使用する容量が大きくなるだけです。

バックアップの種類 AOMEI Backupper

ブータブルディスクを作成する

Windowsが起動できなくなり、バックアップソフトも起動できないという場面に備えて、バックアップソフトの起動ディスクを作成しておきましょう。

ユーティリティの「ブータブルメディアの作成」に進みます。

ユーティリティ AOMEI Backupper

起動システムを「Linux」か「Windows PE」かを選択します。Linuxの場合、新しいWindowsPCではまだ未対応でディスクを認識できない場合やUSB接続のキーボードやマウスの操作に問題が生じる場合があります。Windows10をお使いの場合は「Windows PE」を選択するのが良いです。多くの場合、どちらでも問題ないことがあります。

ブータブルメディアの種類 AOMEI Backupper

Windows PE ディスクの作成

USBメモリなどUSBデバイスに作成する場合は予め接続しておく必要があります。後から接続した場合は「ブータブルメディアの作成」を開き直すことで認識されます。

Windowsの起動システムにレガシーかUEFIか選択します。

UEFIで構築されている比較的新しいPCの場合はUEFIを選択します。UEFI非対応の古いPCではレガシーを選択します。

Windows PE ブータブルメディアの作成 AOMEI Backupper

UEFI対応のPCでレガシーを使用した場合、GPTディスクやセキュリティーなどで復元時に制限が生じる可能性があります。

使用しているWindowsの環境によって、「インターネットからWinPEの作成環境をダウンロード」にチェックが必要になる場合があります。

通常はDVDドライブを使用するのが安心です。CD-RやDVD-R等に作成することができます。

USBブートデバイスは、使用するPCがUSBデバイスからの起動に対応している必要があります。対応していればCD-Rよりも早く起動できる場合が多いです。使用するUSBデバイスはAOMEI Backupperの起動用に初期化されてしまうのでご注意ください。

DVDに今はまだ書き込まないけど、後で作成できるようにイメージファイルを作っておきたい場合は「ISOファイルをエクスポート」します。保存したISOファイルをCD-R等にディスクイメージとして書き込むことで起動ディスクとなります。ISOファイルをファイルとしてCD-R等にコピーしても起動ディスクにはならないので注意が必要です。

Windows上でAOMEI Backupperが起動できず復元操作が行えない場合は、ここで作成した起動ディスクからAOMEI Backupperを実行します。

ディスクバックアップを実行する

バックアップしたいディスクと保存先の設定

バックアップしたいディスクとバックアップを保存する場所を指定します。

1.データを保存したいディスクを選択します。
2.バックアップファイルをどこに保存するかを指定します。

必ず、バックアップするディスクと保存先は別のディスクを使用してください。同じディスクに保存すると、バックアップも同時に破損して復元することができなくなる可能性が高くなります。

例: 同じディスクにパーティションを分けてCドライブとDドライブが在り、DドライブにCドライブのバックアップを保存すると、CドライブとDドライブが同時に故障して復元できなくなる可能性があります。

タスク名は、自分で管理しやすいように名称を変更することができます。

ディスクバックアップ AOMEI Backupper

スケジュールの設定

毎月1回 自動でバックアップを実行したい場合は「スケジュール」にチェックを入れて、「デイリー」を「マンスリー」に変更します。

日付を指定する場合は「一度実行」をチェックして、カレンダーから日付を選択します。

マンスリー スケジュールオプション AOMEI Backupper

詳細タブではバックアップ方法を選択することができます。

標準では増分スキームとなっており、最初の1回目はフルバックアップを行い、2回目からは変更のあったデータだけを増分で記録することでバックアップの保存で使用する容量を抑えることができます。

増分バックアップでは、1回目のバックアップから復元を実行したいバックアップまでのすべての回数のファイルが復元に必要となります。途中の日付のファイルを削除したり破損するとそれ以降の日付の復元ができなくなることに注意が必要です。

詳細 スケジュールオプション AOMEI Backupper

Pro版では差分スキームが選択できるようになります。差分は最初の1回目にフルバックアップが行われ、2回目以降は1回目との差分が記録されます。1回目以降のすべての変更がその都度記録されるために増分よりも大きな容量を使用しますが、復元に途中のファイルを必要としないので安全性が高くなります。

Windowsのタスクスケジューラで自動実行を管理する多場合は「サービスをインストールせず、Windowsタスクスケジューラでタスクを実行する。」にチェックを変更します。このソフトで管理する場合は「サービスをインストールしてタスクを実行する」にします。

スキーム

Pro版では、古いバックアップを自動で整理する「スキーム」を設定することができます。

オプション設定

バックアップにコメントを記述することができます。何をした後か何をする前かなどを書き込むことで、どんなときのバックアップなのかを判断しやすくなります。

Pro版ではバックアップデータを不正コピーされた場合などに、復元できなくするための暗号化を設定できます。ファイルの暗号化にはPC性能により、通常のバックアップよりも長い時間が掛かります。

バックアップの設定 AOMEI Backupper

圧縮タブではバックアップイメージの圧縮レベルを選択できます。圧縮なしでは元のデータと同じだけの容量を必要とします。サイズが大きいことでディスク性能により書込に掛かる時間が長くなります。

高いレベルの圧縮は、容量をできるだけ小さくするためにCPU性能を大きく使用します。性能が低いPCではバックアップに掛かる時間が長くなりますが、バックアップ先で使用する保存サイズが小さくなります。

ファイル自体が既に圧縮されている画像や動画ファイルが容量の多くを占めている場合は、高いレベルの圧縮にしても圧縮に掛かる処理が増えるだけで保存サイズはあまり変わりません。

圧縮 バックアップの設定 AOMEI Backupper

分割タブでは容量が小さい複数のディスクに保存するための分割設定ができます。Pro版が必要です。

インテリジェントセクターでは、空き容量のバックアップを指定できます。精確なバックアップでは、空き容量を含めたセクター情報をそのままバックアップします。空き容量もデータとして記録するためにバックアップサイズが大きくなります。パーティションの位置やデフラグ状態も含めて、そのままディスクに復元することができるようになります。

グローバル設定に保存は、他のバックアップを新規に作成する場合にも保存した設定が初期設定となります。

バックアップの開始

バックアップが終了したときに、PCをシャットダウンしたりスリープに移行することができます。寝る前にバックアップを実行する場合など設定すると便利です。

ファイルバックアップを実行する

ディスクやパーティションのイメージからファイルやフォルダを検索して復元するには「イメージファイルを検索」に対応しているPro版が必要です。Standardではパーティション単位での復元となります。

ファイルバックアップでフォルダをバックアップしている場合は、Standardでも個別にファイルを指定して復元することができます。

Standardだけでファイルの上書や消失から保護するためには、ディスクのバックアップとは別に、マイドキュメントやピクチャなどはフォルダを指定したバックアップをこまめに実行するのが望ましいです。

1.パスにバックアップしたフォルダやファイルを追加します。
2.バックアップファイルをどこに保存するかを指定します。

ファイルバックアップ AOMEI Backupper

ライブラリフォルダのバックアップは。「ライブラリ」から選択するとフォルダを選択できないため、「PC」からライブラリのフォルダを選択する必要があります。

ライブラリフォルダの選択 エクスプローラー

スケジュールやオプションは「ディスクバックアップ」の場合と同じです。

Standardでは指定したフォルダの中のすべてのファイルがバックアップ対象となります。対象のフォルダの中のサブフォルダは含めるか含めないかを選択することができます。

Proでは 対象のファイルや対象外にするファイルをフィルタオプションで設定することができます。

フォルダを選択 AOMEI Backupper

復元機能の使い方

ホーム AOMEI Backupper

1.復元したいタスクを選択します。
2.復元したいタスクの復元したい日時のバックアップポイント選択します。

ディスクイメージを復元する

ディスク全体を復元したい場合は、復元したいディスクを選択します。ディスクの中の特定のパーティションのみを復元したい場合はパートからパーティションを選択します。

ディスクの復元 AOMEI Backupper

起動できなくなった場合はディスク全体の復元をおすすめします。

起動できるがWindowsやアプリケーションが不調な場合はWindowsやアプリがインストールされているCドライブだけの復元で構いません。

復元先を選択します。「復元したいディスクイメージの保存先を選択します。」とありますが、選択した場所に復元されます。復元先のデータは削除される(バックアップしたときのデータに置き換わる)ので間違えないように細心の注意が必要です。

元のディスクに復元する場合は元のディスクを、新しいディスクに復元したい場合は新しいディスクを選択します。バックアップを復元したいディスクを事前に接続しておく必要があります。ディスクの復元では事前に新しいディスクのフォーマット等は必要ありません。

復元したいディスクの選択 AOMEI Backupper

操作概要では、復元元のソースと復元先のターゲットディスクを確認します。

復元先がSSDの場合は「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」にチェックを入れます。チェックを入れないとSSDの読み書きが遅くなる原因となります。

Pro版では別のPCに復元できる「ユニバーサル復元」を使用することができます。マザーボードが変わったなどバックアップ時点とはハードウェア構成が異なる場合は同じPCでもこの機能で復元する必要があります。グラフィックボードなど拡張カードの変更では不要です。復元後に対応したハードウェアのドライバをインストールしてください。

復元実行前に操作の確認 AOMEI Backupper

ファイルやフォルダを復元する

ファイルバックアップの復元では、復元したいフォルダやファイルを選択して復元先を指定します。

復元先では、バックアップから古いファイルを別の場所にコピーすることや、元の場所に上書きして元に戻すことができます。

ファイルやフォルダの復元 AOMEI Backupper

ファイルを古いファイルで修復(上書)する場合は、「元の場所へ復元。」で「既存のファイルを置き換える。」をチェックします。

ファイルを置き換える場合は、使用中のファイルは書き換えることができないので再起動してからの書き出しが必要になります。

ProではNTFSファイルシステムのファイルのアクセス権を元のファイルと同じ状態に戻すことができます。

ファイルの復元先の選択 AOMEI Backupper

関連コンテンツ

検索

RSS配信

  • RSS1.0
  • RSS2.0
  • Atom0.3

目次

OS Windows
Windowsの基本/カスタマイズ/設定
ハードウェア
PC本体/PCパーツ
ソフトウェア
メンテナンス/システム
ベンチマーク
性能比較
パソコンの基本
 
セキュリティー
暗号化/インターネットセキュリティ
トラブル
エラーと不具合