目次:PC情報ハードウェアビデオカード
更新:2012/12/15

GeForce GT220の性能

概要

購入したビデオカード(グラフィックボード)の計測した性能や感想をお伝えします。

GeForce GT220は現在(2010年02月)5~9千円程度で販売されていました。GT220はDirectX10.1対応です。

GeForce GT520とGT620はGT220よりも3Dグラフィック性能が低下していますので、乗り換える場合はご注意ください。

GeForce GT620/520の性能比較
同じ条件でGT220の比較も載せています。

対象製品

WinFast GT220 1024MB DDR3 Low Profile:新品 メーカー詳細
購入店:ツクモネットショップ 購入価格:8,680円(2009年10月)

GT220 GPU-Z
GPU-Z Downloade

特徴

LowProfile(ロープロファイル)対応。ファン付き。Dual-Link DVI、D-Sub、HDMI 出力。

ファンを搭載しているため、高性能でも発熱による動作不安定は起こりにくくなっています。密集している省スペースPCでも安心です。しかし、このタイプのファンはシャーと耳障りな騒音があります。GeForce 8500GTのリファレンスと同等の騒音です。

WinFast GT220 WinFast GT220 ブラケット

右側手前のブラケットがロープロファイル用。交換の仕方はHD4550と同じで、D-Sub接続を行う場合は2段仕様となります。

Windows 7での性能測定

PC構成

Windows7 エクスペリエンス インデックス GT220

ベンチマーク 性能測定

ドライババージョン:Geforce Driver 191.07

消費電力測定にはWatts up? Proを使用。測定間隔は1秒に設定。

Watts up? Pro

NVIDIAコントロールパネルの設定は、マルチディスプレイ/ミックスGPUアクセラレーション『シングルディスプレイ パフォーマンスモード』、垂直同期『強制オフ』。ベンチマークの設定は、基本的にデフォルト(DEFAULT)で解像度のみを変更。垂直同期がデフォルトでオンの場合はオフに変更。

解像度は広く普及している古いモニター(17インチ)で標準的な1024x768ドットと最近のワイド解像度(24インチ)に1920x1200ドットの2種類を測定。解像度は高くなるほど同じ表示を行うのに高い性能が必要になります。解像度の大きなモニターで小さな解像度で表示した場合、ドット・バイ・ドット表示(等倍表示やウインドー表示)では映像が小さくなり、拡大表示(フルスクリーン)では映像が荒くなります。

fpsは60以上でシビアな操作が可能、30以上で見た目上は違和感なし、20FPS以下では表示のもたつきが気になる性能となります。アクション性の高いゲームでは最低速度が60fps以上の物を、RPG等では平均30fps以上が快適に楽しめる目安となります。

CrysisのDEFAULT設定はビデオカードにより設定が変わってしまいますので、『MEDIUM』に統一して測定し直しました。

ベンチマーク Leadtek WinFast GT220 1024MB DDR3 Low Profile
アイドル 消費電力 152W
PCMARK VANTAGE
x64 1024x768
Total:6154
TV and Movies:3904
Gaming:4938
3DMARK VANTAGE 1280x1024 Performance P2880
GPU:2250
CPU:17953
3DMARK VANTAGE 1920x1200 Extreme X1060
GPU:1011
CPU:17063
3DMARK06
1280x1024
6738
SM2.0:2627
HDR/SM3.0:2536
CPU:3594
3DMARK06
1920x1200
5084
SM2.0:2020
HDR/SM3.0:1760
CPU:3575
ゆめりあ 1024x768 24908
182W
ゆめりあ 1600x1200 17974
187W
Heaven 1024x768
DX11Tesseオフ
20.5fps スコア 518
199W
Heaven 1024x768
DX10
21.3fps スコア 536
197W
Heaven 1024x768
DX9
20.7fps スコア 521
199W
Heaven 1920x1200
DX11Tesseオフ
9.1fps スコア 228
192W
Heaven 1920x1200
DX10
9.2fps スコア 232
195W
Heaven 1920x1200
DX9
9.7fps スコア 243
204W
バイオハザード5
1024x768
それなり ランクB
DX10:46.1-72.0 220W
DX9:42.6-66.8 232W
バイオハザード5
1920x1200
重い ランクC
DX10:24.3-29.1 245W
DX9:22.3-31.1 219W
The Last Remnant
1024x768
快適
平均 58.76fps
216W
The Last Remnant 1920x1200 重い
平均 25.76fps
217W
ストリートファイター4
1024x768
とても快適 ランクA
Score 12754
92.74fps
ストリートファイター4
1920x1200
とても快適 ランクA
Score 8803
60.4fps
DevilMayCry4
1024x768
快適 ランクA
DX10:51.33-113.64
DX9:52.45-103.82
DevilMayCry4
1920x1080
重い ランクC
DX10:30.37-52.11
DX9:30.01-50.79
LostPlanet DX10 1024x768 快適
Snow 53fps
Cave 70fps
LostPlanet DX10 1920x1200 重い
Snow 20fps
Cave 29fps
Crysis
1024x768 MEDIUM
それなり
平均 37.42fps
最低 24.13fps
最高 48.59fps
Crysis
1920x1080 MEDIUM
とても重い
平均 19.42fps
最低 15.42fps
最高 23.22fps
三国志Online
標準
とても快適
3346 戦神
三国志Online
高グラフィック
快適
2431 猛将
大航海時代 1024x768
カスタム・ノーマル
とても快適
1848 
大航海時代
1280x1024
カスタム・最高
とても快適
1383
モンスターハンターフロンティア オンライン 1024x768 4865
モンスターハンターフロンティア オンライン 1920x1200 2145
FFXI Bench3 High 5703
ぐるみん 高画質 DX8.1:60126
DX9:68837
人工少女 10
ぱふぱふベンチ
クオリティ
67

低解像度では多くのゲームが快適にプレイ可能。GeForce 9600GTの半分の性能で、高解像度や高画質FPSゲームはとても厳しい。ロープロファイル対応のRadeon HD4550よりも一部で2倍の高性能です。

処理によってはHD4550よりも性能が低下している部分がありますが、それはドライバの改良で改善が可能かもしれません。 Geforce Driver 191.07は、Windows7 64bitでは未だ不安定な感じです。

追加

ドライババージョン:Geforce Driver 191.21

A列車で行こう 9
1280x720 低画質
とても快適
34.6-46.5fps
A列車で行こう 9
1920x1200 高画質
とても重い
9.5-10.7fps
リアル彼女
クオリティ 1024x768
快適
045 REAL RankS
リアル彼女
ハイクオリティ 1600x1200
重い
017 REAL RankB
MediaShow Espresso
30分MPEG2 720x480
→PSP H.264 480x272
05分39秒
(ハードウェアエンコードなしの場合:06分32秒)

リアル彼女は低解像度のクオリティでは性能の低さが表れていませんが、高解像度のハイクオリティでは9600GTよりも重くなっています。

MediaShow Espressoによる動画変換では、nVIDIA CUDAが有効で9600GTよりも早く終わっています。

Windows XP 性能

Heaven 1024x768
DX9
21.6fps スコア 545
Heaven 1920x1200
DX9
9.8fps スコア 247
三国志Online
高グラフィック
快適
2186 猛将
FFXI Bench3 High 8276
人工少女 46 
A列車で行こう 9
1280x720 低画質
とても快適
45.7-60.3fps
A列車で行こう 9
1920x1200 高画質
とても重い
10.1-11.0fps
リアル彼女
クオリティ 1024x768
快適
039 REAL RankS
リアル彼女
ハイクオリティ 1600x1200
重い
017 REAL RankB
MediaShow Espresso
30分MPEG2 720x480
→PSP H.264 480x272
02分59秒

Windows XP 32bitではWindows 7 64bitよりも動作が軽くなるものと重くなるものがあります。

MediaShow Espressoによる動画変換がXP 32bitの方が大幅に速くなっています。GeForceではWindows 7 64bitのドライバがまだ最適ではないのかもしれません。9600GTよりも下の性能ながらもCUDA性能は9600GTと同等です。

History

2012/12/15
ページレイアウトの更新、GeForce GT620/520の情報を追加

アンケート

Q1.評価を選んで下さい

参考になった
参考にならなかった

Q3.内容について選んで下さい

内容が充実している
内容が乏しい

Q2.分かり易さについて選んで下さい

十分理解できた
なんとなく理解できた
よくわからない

感想や意見、要望などがありましたら記入して下さい。サイト作りの参考にさせていただきます。 内容の誤りに気づきましたら、できるだけ詳細をご記入ください。

(ロボットでないことの証明が必要です)

目次:PC情報ハードウェアビデオカード