目次:PC情報ビデオカードベンチマーク比較
更新:2014/08/26

A列車で行こう9 Version3.0の性能比較

概要

ARTDINKの列車シミュレーションゲームの最新作、『A列車で行こう9 Version3.0 Premium Edition』のベンチマーク(性能測定)です。

A列車で行こう9 ビュアー」は、ゲーム本体のアップデートに合わせて更新されるので、ゲームをプレイする上での正確な指標になります。

A列車で行こう9 公式サイト

A列車で行こう9 V3 ベンチマーク スクリーンショット1A列車で行こう9 V3 ベンチマーク スクリーンショット2

性能測定環境

ベンチマーク設定

スコアはOpening-V3平均フレームレートです。30fpsでそれなりにプレイ可能、60fps以上で滑らかな視点変更により快適になる目安となります。平均fpsですので、場面によっては大きく低下します。また、ゲーム自体はシムシティのように都市が発展するほど高い性能が必要になります。

高解像度でのゲームのプレイには、システムメモリーとビデオメモリーの容量不足にもご注意ください。都市が発展するほどにCPU性能も重要になります。

Vsyncは有効にすると性能が高いと約60fpsで固定されてしまうため、性能比較ではVSync「なし」にしています。ゲームプレイ時には性能の高いビデオカードではVSyncを有効にするとチラツキと消費電力の低減になります。

環境

新しいビデオカードではシステム構成による性能の違いも分かるように、Core2 Quad Q9650の検証用のシンプルなPCと、Core i7-3770KのメインPCで測定しています。

Q9650

CPU:Intel Core2 Quad Q9650 3.0GHz 4Core 4Thread
マザーボード:GIGABYTE GA-X48-DS5 X48チップセット PCI-E 2.0

3770K

CPU:Intel Core i7-3770K 3.5GHz-3.9GHz 4Core 8Thread
マザーボード:ASUSTeK SABERTOOTH Z77 Z77チップセット PCI-E 3.0

標準 3.5GHzですが ターボブースト機能により4コア動作時3.7GHzで動作しています。

OC4.5GHzはオーバークロック設定で倍率を45倍の 4.5GHz 4コア8スレッド
3.0GHz4C4TはCore i5相当の設定で 3.0GHz 4コア4スレッド
3.0GHz2C4TはCore i3相当の設定で 3.0GHz 2コア4スレッド
に設定を調整しています。

ビデオカード

OCモデルやビデオメモリ構成が異なるモデルが存在する場合は () 内に明記。

高性能なビデオカードは性能を高く設定したOCモデルが多く発売されており、それらはリファレンスよりも高い性能になりますが、基本的に上下のモデルとのランクが変わる程のものではありません。

Radeon HD4000シリーズではドライババージョンはレガシードライバ(最新ドライバに対応しない)となっています。そのため、CrossFireの値は測定したので掲載していますが、HD5000シリーズ以降とは挙動が異なる可能性があるためあまり気にしないでください。

新しいビデオカードでは負荷に応じて動作クロックの変動が大きくなっています。負荷が低い画質モードの場合は低いクロックで動作してしまいベンチマークの性能が低く表れてしまうことがあります。

ベンチマーク性能比較

グラフのフレームレート(fps)は平均フレームレートです。最低フレームレートはもっと低い数値になります。

1920x1080 高解像度 フルハイビジョン

A列車で行こう9 Version3.0 Professional ベンチマーク 結果 グラフ 高解像度

1280x720 低解像度 ハイビジョン

A列車で行こう9 Version2.0 Professional ベンチマーク 結果 グラフ 低解像度

まとめ

Version3.0はVersion2.0よりも負荷が高くなっています。

FullHDの最高画質で快適に楽しむには、最新のシステムに高性能なビデオカードを組み合わせる必要があります。

実際のゲームでは都市の発展などにより、CPUとビデオカード共にもっと高い性能が必要になる場合があります。

楽しむためのラインはGeForce GTX460以上が目安となります。700シリーズではGTX750以上が目安です。FullHDの最高画質でも快適に楽しむにはGTX760が目安となります。

PR 販売店情報

「A列車で行こう9 V3.0」はゲーム本体が付属しているのは「A列車で行こう9 V3.0 プレミアム コンプリートパック」になります。ガイドブックも付属しています。

A列車で行こう9 V3.0 プレミアム」は、V2.0からのアップデート用です。

A列車で行こう9 V3.0 プレミアム アディショナルパック」には、「A列車で行こう9 Version3.0 プレミアム」に加え「A列車で行こう9 Version2.0 プロフェッショナル」「A列車で行こう9 建物キット2nd」「A列車で行こう9 建物キット」が含まれています。「A列車で行こう9」ゲーム本体に追加すれば「A列車で行こう9 V3.0 プレミアム コンプリートパック」と同じゲーム内容になります。

A列車で行こう9 推奨PC
PCパーツを選ぶなら
パソコンを買い換えるなら

関連情報

目次:ビデオカードのベンチマーク
ベンチマークソフトによるビデオカードの性能比較。グラフによる分かり易さと解説付き。
PCグラボ 製品による個別性能と詳細
購入した製品の詳細とベンチマーク性能比較を公開しています。
ゲームを楽しめる性能なのか、動画変換にかかる時間や消費電力などモデルごと個別に解説しています。
最新 Geforceの選び方
CUDAによる映像処理とPhysXによるゲームにはGeForce シリーズ。
ゲームだけでなく、Photoshopや動画再生と編集と変換でも処理を向上させるビデオカードです。
最新 Radeon情報
AMD App(旧ATI Stream)による映像処理の向上にも使えるビデオカードです(対応ソフトが必要でCUDAよりも対応が少ない)
CPUの選び方
パソコンのCPUについてをまとめています。LGA1150 第四世代 Core シリーズ Haswell、ハイエンドCPU LGA2011...

History

2014/08/26
新規

アンケート

Q1.評価を選んで下さい

参考になった
参考にならなかった

Q3.内容について選んで下さい

内容が充実している
内容が乏しい

Q2.分かり易さについて選んで下さい

十分理解できた
なんとなく理解できた
よくわからない

感想や意見、要望などがありましたら記入して下さい。サイト作りの参考にさせていただきます。 内容の誤りに気づきましたら、できるだけ詳細をご記入ください。

(ロボットでないことの証明が必要です)

目次:PC情報ビデオカードベンチマーク比較