GeForce GTX1070 の性能

概要

GeForce GTX1070 現在5~6万円で販売されています。

  GTX1070 GTX960 GTX670
CUDAプロセッサーコア数 1920 基 1024 基 1344 基
テクスチャユニット数 120 基 64 基 112 基
コアクロック 1506 MHz 1126 MHz 915 MHz
ブーストクロック 1683 MHz 1178 MHz 980 MHz
ビデオメモリの種類 GDDR5 GDDR5 GDDR5
ビデオメモリクロック 8008 MHz 相当 7010 MHz 相当 6008 MHz 相当
ビデオメモリ 容量 8GB 2GB 2GB
ビデオメモリ バス幅 256bit 256GB/s 128bit 112.2GB/s 256bit 192.26GB/s
最大消費電力(TDP) 150W 120W 170W

GeForce GTX1070GTX670から基本性能が大幅に向上しながらも消費電力は低下しています。GTX960はランクが1つ下ながらも旧世代のGTX670と性能が同等になっています。購入していませんがGTX1000世代では2ランク下のGTX1050TiGTX670GTX960と同等の性能になっています。

GTX1070のTDPはGTX670よりも低いですが、負荷が大きいときの消費電力はGTX670より高くなりました。

対象製品 レビュー

MSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8G

  MSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8G
CUDAプロセッサーコア数 1920 基
ベースクロック 1632 MHz  (ゲーミングモード時)
ブーストクロック 1835 MHz  (ゲーミングモード時)
ビデオメモリの種類 GDDR5
ビデオメモリクロック 8108 MHz  (ゲーミングモード時)
ビデオメモリ 容量 8GB
ビデオメモリ バス幅 / クロック 256bit
最大解像度 / 画面数 7680 x 4320(DP1.4使用時)
モニター出力コネクタ DualLink DVI-D
HDMI 2.0
DysplayPort 1.4 x3基
最大同時出力画面数 4
対応API Direct X 12 / OpenGL 4.5 / VR Ready
対応スロット PCI Express 3.0 x16 SLI対応
最大消費電力 150W
補助電源コネクタ PCIE 8pin x1 / 6pin x1
カードサイズ 279 x 140 x 42 (奥行き×高さ×幅)

カードサイズが大きいため取り付け可能か注意が必要です。このグラボは長さだけでなく内部での高さも広がっています。

MSI Gaming Appで設定を切り換えない場合はゲーミングモードが標準の動作となります。Gaming Appを起動中は動作が重くなる場合があるのでOCモードの性能を当てにしない方がよいです。MSI Afterburnerを使うと自分で動作クロックを調整することができます。クロック設定などを独自に変更すると故障時の保証が受けられなくなるのでご注意ください。

GPU-Z. MSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8G.

MSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8G. パッケージ箱。MSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8G. パッケージの中身。
MSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8G. 外観1。 MSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8G. 補助電源コネクタ。

GTX670/960/1070の形状比較

上から3種類
  • GIGABYTE GV-N670OC-2GD
  • MSI GTX 960 GAMING 2G
  • MSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8G

外観比較1。形状とファン。GIGABYTE GV-N670OC-2GD. MSI GTX 960 GAMING 2G. MSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8G.外観比較2。背面。GIGABYTE GV-N670OC-2GD. MSI GTX 960 GAMING 2G. MSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8G.
外観比較3。こ
モニター出力コネクタ。GIGABYTE GV-N670OC-2GD. MSI GTX 960 GAMING 2G. MSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8G.
赤いシールは使うコネクター位置をマークしたものです。製品にはありませんので気にしないでください。

形状はGIGABYTE GV-N670OC-2GDが3連ファン搭載で横幅がブラケットとほぼ同じ広さになっています。MSIGTX 960 GAMING 2GGTX 1070 GAMING Z 8Gはブラケットから大きく飛び出すほど幅が広くなり、大型のファンを2基搭載しています。このため、PCケースのサイドカバーからマザーボードまでの奥行きに注意が必要です。カードの幅だけでなく、電源ケーブルを横から接続するスペースも必要です。。

MSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8Gは基板を歪みから保護する金属製のバックプレートが搭載されています。ロゴの部分が光る設計になっています。

MSI GTX 960 GAMING 2GMSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8Gは負荷が低いときはファンの回転が止まります。よほど負荷の高い動作でない限り騒音はあまり目立ちません。

MSI GeForce GTX 1070 GAMING Z 8GのDVI出力はDVI-Dのみの対応となりアナログ出力(DVI-I / D-Sub)ができなくなりました。

ベンチマーク結果 まとめと感想

GeForce GTX1070は2014年に発売したランクが1つ下のGTX960や2012年に発売した同じランクのGTX670よりも2倍以上性能が高くなっています。

GeForce GTX1070はフルハイビジョンでは最高画質でほとんどのゲームが快適に楽しむことができます。録画でGPUを使いながらのゲームプレイもそれなり(設定や負荷による)に可能です。性能が高く、高精細な4Kモニターで臨場感を楽しむゲームプレイも可能になりました。

ベンチマーク結果

スクリーンショットは低解像度のウインドウモードで撮影しておりますが、ベンチマークは一部を除いてフルスクリーンで実行しています。

スクリーンショットの画像は対象のグラボを使用したものとは限りません。すべての説明で同じ画像を掲載しています。

PCMARK10

PCMARK10はWindows10時代の実用性を測るベンチマークです。グラボだけではなくPCの総合性能を測定します。

EssentialはPCの基本性能を測定します。
Productivityはビジネスアプリケーションを想定した性能を測定します。
Digital Content Creationは写真や動画などを使ったコンテンツ制作の性能を測定します。
Gamingはゲーム性能を測定します。

グラボの性能の影響が大きいのはDigital Content CreationとGamingです。

総合スコアはノーマルの「PCMark 10」は無料版でも実行でき、他との比較に使いやすいスコアです。Gaming以外のテストが含まれています。

オフィスPCではEssentialとProductivityのみが含まれるPCMark 10 Express」がスコアの比較に使いやすいです。

ゲーミングPCでは「PCMark 10 Extended」のスコアが高いほど、ゲームの起動が速い、あアップデートの処理が早い、など他のベンチマークの結果には表れない違いを見ることができます。

PCMARK10 v1.0.1275

総合スコア

GTX1070 GTX960 GTX670
PCMark 10 V1.0 5467 4650 4275
PCMark 10 Express 4810 4491 4389
PCMark 10 Extended 6767 4920 4584

PCMark 10 Extended

個別スコア

GTX1070 GTX960 GTX670
Essential 7953 7913 7818
Productivity 7914 6969 6642
Digital Content Creation 7061 5058 4127
Gaming 12751 5677 5568

3DMARK

3DMARKはDirect X11/X12世代のグラフィック性能を測定します。

Fire Strike」で総合スコアが2800を下回る場合は,Sky Diverのスコアで比較する必要があります。 
Sky Diver」で総合スコアが12000を上回る場合は,Fire Strikeのスコアで比較する必要があります。

TimeSpy」はDirect X12、「Sky Diver」と「Fire Strike」はDirect X11が使われています。

3DMARK 2.3.3732

総合スコア

GTX1070 GTX960 GTX670
Sky Diver V1.0 33591 20506 20189
Fier Strike V1.1 15246 6731 6608
Fire Strike Extreme V1.1 8361 3466 3277
Fire Strike Ultra V1.1 4561 1176 613
Time Spy V1.0 5967 2487 2087

VRMARK

VRMARKVR(Virtual Reality)向けの2つの映像を同時に表示する性能を測定するベンチマークです。

Orange Roomは現在普及しているVR映像を想定したもの、Blue Roomは未来型の高精細な映像を想定したものになっています。

デスクトップモードではフレームレートが109fps以上、HMDモードではフレームレートが89.9fps以上必要とされています。

VR Readyには5000以上のスコアが必要とされています。

GeForce GTX1070はVR Readyが謳われており、VRでも快適な性能を実現しています。

VRMARK

総合スコア - 平均フレームレート

GTX1070 GTX960 GTX670
Orange Room v1.0 9940 - 109.00 2487 - 88.83 3334 - 72.67
Blue Room v1.0 1922 - 41.91 713 - 15.55 603 - 13.15

CINEBENCH R15

CINEBENCHOpenGLによる描画性能を測定します。 OpenGLに対応したアプリの描画処理速度に影響します。

CHINEBENCH R15 スクリーンショット

CINEBENCH R15

フレームレート

GTX1070 GTX960 GTX670
OpenGL 146.55 fps 150.82 fps 152.39 fps

Heaven 4.0

HeavenはDirect Xの3Dグラフィック性能を測定するベンチマークです。3DMARKと異なり、ほぼ純粋なグラボの性能を測定します。

ゲーム性能ではなく、純粋にグラフィックボードの描画性能を測るベンチマークです。グラフィックボードの描画性能以外の要素は極力排除されています。

Heaven4.0 スクリーンショット1Heaven4.0 スクリーンショット2

Heaven 4.0

スコア

GTX1070 GTX960 GTX670
OpenGL      
1920x1080 3832 1308 1200
3840x2160 837 282 261
DX9      
1920x1080 0xAA 4148 1432 1327
3840x2160 0xAA 848 293 279
DX11      
1920x1080 0xAA 4079 1443 1480
3840x2160 0xAA 913 306 345
3840x2160 8xAA 658 102 53

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク

FF14 紅蓮のリベレーターの動作の目安となるベンチマークです。

スコアが3500以上で快適、7000以上で非常に快適に動作できる目安となります

スクリーンショット 01: FF14 紅蓮のリベレーター スクリーンショット 02: FF14 紅蓮のリベレーター スクリーンショット 03: FF14 紅蓮のリベレーター スクリーンショット 04: FF14 紅蓮のリベレーター

Fainal Fnatasy XIV:
紅蓮のリベレーター

スコア

GTX1070 GTX960 GTX670
1920x1080      
標準品質(デスクトップPC) 19366 非常に快適 14853 非常に快適 14836 非常に快適
最高品質 15337 非常に快適 7284 非常に快適 7244 非常に快適
3840x2160      
標準品質(デスクトップPC) 12634 非常に快適 4643 快適 5247 とても快適
最高品質 5757 とても快適 1587 設定変更を推奨 1632 設定変更を推奨

GeForce GTX1070では高精細な4Kモニターでも快適な性能を実現しています。フルハイビジョンでは常に最高画質でも問題の無い性能です。重くなる場合はディスクからの読込やCPU処理や通信回線が原因の可能性が高いです。性能に余裕が有るので、録画でGPU処理が使われる場合でもそれなり(設定と負荷による)にプレイ可能です。

PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4

PSO2 キャラクタークリエイト体験版EPISODE4 での測定です。

実際のゲームプレイに近い表現となり、スコアはそのままゲームのプレイのしやすさに反映されます。

スクリーンショット01。PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4。スクリーンショット02。PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4。スクリーンショット03。PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4。スクリーンショット04。PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4。

PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4

スコア

GTX1070 GTX960 GTX670
1920x1080      
簡易描画設定1 162147 187899 146599
簡易描画設定3 103586 86691 74144
簡易描画設定6 58681 22209 21906
スコアの目安:
  • 5001~ 快適に動作
  • 2001~5000 標準的な動作
  • ~2000 動作が重い

GeForce GTX1070はとても余裕のある性能です。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク Ver1.10

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク での測定です。

FF14よりも軽い作りになっています。

DQ10 ベンチマークのスクリーンショット1DQ10 ベンチマークのスクリーンショット2

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族
オンライン ベンチマーク Ver1.10

スコア

GTX1070 GTX960 GTX670
1920x1080      
標準品質 19773 すごく快適 19568 すごく快適 19214 すごく快適
最高品質 20188 すごく快適 19096 すごく快適 19003 すごく快適
3840x2160      
標準品質 18450 すごく快適 10915 すごく快適 11820 すごく快適
最高品質 16556 すごく快適 8169 とても快適 9478 すごく快適

GeForce GTX1070はとても余裕のある性能です。

DiRT RALLY

レースゲーム「DiRT RALLY」を使った性能測定です。ゲーム本体にベンチマーク機能があります。

DiRT RALLYは1台ずつ山道などを順番に走り抜けて速度を競うレースゲームになっています。レースゲームの中では景色の負荷が高いです。

スクリーンショット01。DiRT RALLY。スクリーンショット02。DiRT RALLY。

DiRT RALLY

平均FPS - 最低FPS

GTX1070 GTX960 GTX670
1920x1080 Multisampling:OFF      
プリセット Low 193.64 - 114.29 193.96 - 119.70 182.36 - 119.12
1920x1080 Multisampling:4xMSAA      
プリセット Medium 178.42 - 114.53 111.38 - 91.54 113.43 - 93.13
プリセット Ultra 111.59 - 85.76 60.50 - 51.16 62.52 - 52.74
3840x2160 Multisampling:4xMSAA      
プリセット Medium 96.88 - 80.14 36.72 - 30.20 37.73 - 30.83
プリセット Ultra 58.94 - 52.21 22.35 - 19.50 23.31 - 20.01

レースゲームなので最低FPSが30以上であることが快適な動作の目安となります。

GeForce GTX1070ではフルハイビジョンでは最高画質設定でも滑らかな表示が可能です。4Kモニターを使うと臨場感がかなり変わって美しく感じます。

GRID Autosport

レースゲーム「GRID Autosport」を使った性能測定です。ゲーム本体にベンチマーク機能があります。

GRID Autosportは実在するサーキットが中心となり、熱いモータースポーツが楽しめるレースゲームとなっています。

スクリーンショット01。GRID Autosport。スクリーンショット02。GRID Autosport。

GRID Autosport

平均FPS - 最低FPS

GTX1070 GTX960 GTX670
1920x1080 
マルチサンプリング:オフ
     
ロー 238.85 - 172.22 233.76 - 170.79 232.16 - 168.78
1920x1080 4xMSAA      
ミディアム 190.35 - 145.37 187.75 - 150.05 193.97 - 147.73
ウルトラ 146.04 - 114.06 84.57 - 68.43 85.53 - 74.18
3840x2160 4xMSAA      
ミディアム 178.62 - 144.80 70.25 - 53.35 75.88 - 57.79
ウルトラ 101.84 - 81.74 37.75 - 30.44 35.42 - 28.27

レースゲームなので最低FPSが30以上であることが快適な動作の目安となります。

GeForce GTX1070では4Kモニターでも滑らかな表示が可能です。高精細な表示のレースゲームでは臨場感があがって楽しめます。

Battlefield 4

Battlefieldは銃を撃ち合うFPSゲームです。高画質なDirect X11.1に対応しています。

こちらも実ゲームを用いていますがゲームにベンチマーク機能が搭載されているわけではないため、Frapsでフレームレートを記録しています。

同じシーンで測定できるように、4Gamer.net ハードウェアベンチマークレギュレーション 15.0のセーブデータを用いています。

設定は独自に、低解像度の1280x720とFullHDの1920x1080で、動作優先の低画質設定、中画質設定、最高画質設定で測定しています。測定するときの画面表示はフルスクリーン設定です。

4Gamer.net ベンチマークレギュレーション

Battlefield4 ベンチマーク キャンペーン

Battlefield 4

平均FPS - 最低FPS

GTX1070 GTX960 GTX670
1920x1080      
クオリティ 低 200.0 - 198.0 168.8 - 156.0 158.0 - 139.5
クオリティ 中 200.0 - 198.0 140.4 - 132.5 130.4 - 120.0
クオリティ 最高 162.2 - 151.0 60.5 - 56.5 64.6 - 56.5
3840x2160      
クオリティ 中 120.8 - 108.5 44.3 - 40.0 44.1 - 38.0
クオリティ 最高 52.8 - 47.5 18.5 - 16.5 20.6 - 17.5

FPSゲームなので最低FPSは60以上が望ましいです。

GeForce GTX1070ではフルハイビジョンで120Hzモニターを使い、細かい動きを素早く察しすることができます。4Kモニターを使う場合は細かい部分までクッキリ表示されて判別しやすくなります。

消費電力

1秒毎に消費電力が記録できる「Watts up? PRO」を用いて測定しています。

Watts up? PRO 本体。Watts Up Pro Data Logger - Raw Data Loarded.

アイドルはデスクトップを表示した状態で起動から5分後~10分の間に消費電力が安定して下がった状態を採用しています。その他は測定できた最大の消費電力を採用しています。

ここでの消費電力はPC本体の消費電力です。Wattsup本体や電源が消費する電力やアイドルのHDDやBDドライブなどの電力も含まれています。負荷時は特にCPUや冷却ファンの動作による消費電力の影響も大きくなります。

 消費電力

Watts

GTX1070 GTX960 GTX670
デスクトップ表示 アイドル 54 W 52 W 59 W
FF14: 紅蓮のリベレーター
1920 標準-最高画質-
-3840 標準-最高画質
310 - 310 - 319 - 298 W 213 - 195 - 179 - 167 W 257 - 256 - 237 - 235 W
Heaven 4.0 310 W 211 W 274 W

GeForce GTX1070はGTX670よりもTDPが下がっていますが、負荷時の消費電力が上がりました。負荷が掛かっていないときの消費電力は下がっています。負荷時の消費電力が上がっても性能が大幅に向上しているので、垂直同期を有効にすることでモニターが表示しきれない余分な処理を減らすと消費電力を下げることができます。

PC構成について

Motherboard
ASUSTeK Z97A-USB3.1 (Intel Z97)
CPU
Intel Core i7-4790K (4.0-4.4GHz 4C8T)
Memory
CORSAIR DDR3-1866MHz 8GB (4GB+4GB)
Storage
SanDisk Ultra II SDSSDHII-480G-J25C (SSD 480GB)、HDD1台搭載(WD Blue 3TB)、BD 1台搭載(LG WH12LS39K)
Power Supply
Seasonic SS-660XP2S (660W, 80PLUS Platinum)
OS
Windows10pro 1703

このサイトについてのアンケート

Q1.評価を選んで下さい

Q2.分かり易さについて選んで下さい

Q3.内容について選んで下さい

(ロボットでないことの証明が必要です)