SAKURA-PC

桜PCの役立つパソコン情報

~パソコンの購入からトラブル解決や活用まで総合案内するPC講座~
Update:

ディスクコピー EaseUS Disk Copy Proについて

概要

EaseUS Disk Copy Pro」は簡単確実にクローンディスクを作成したりパーティションのコピーが実行できるソフトウェアです。

ディスクコピー専門ソフトであり、バックアップソフトのクローンディスク機能よりも簡単で使いやすいのが特徴です。

ここでは「EaseUS Disk Copy Pro 3.0」を解説します。

EaseUS Disk Copy について

・詳細は ディスクコピー・クローンソフト - EaseUS Disk Copy Pro

EaseUS Disk Copy のエディション

EaseUS Disk Copy」のエディションには「Pro」と「Technician」があります。

家庭での利用には「Pro」版を使用します。

ライセンス形態は「1年間」「2年間」「永久」があり、対象期間の”技術サービス”と”新バージョンへのアップグレード”が無料となっています。

仕事で顧客のクローンディスクを作成する場合には”商用利用”と”自らクライアントにディスククローンサービスを提供”が可能な「Technician」を使用する必要があります。

「無料体験(Demo)」版では実行までの手順を確認することができますが、実行してディスクへ書き出すことはできません。

EaseUS Disk Copy の動作環境

OSは”Windows XPから10”、”Windows Server 2003から2016”と幅広く対応しています。

対応ファイルシステムは”FAT12/FAT16/FAT32/NTFS”に対応しています。

詳細はEaseUS Disk Copy Pro 公式サイトをご確認ください。

EaseUS Disk Copy Pro 3.0の使い方

ディスクモード」と「パーティション」モードがあります。

ディスクのコピーを作成したい場合は「ディスクモード」を使います。

パーティションをコピーしたい場合は「パーティション」モードを使います。

ディスクのコピー

完全なるクローンディスクを作成するには「ディスクモード」で「セクターバイセクター方式コピー」を有効にします。

セクターバイセクター方式コピー」を有効にすると、元のパーティション情報がそっくりコピーされます。

セクターバイセクター方式コピー」を無効にすると、パーティションの容量を調整してコピーすることができます。コピー先のディスクがSSDの場合は「ターゲットディスクがSSDな場合、オプションをチェックします。」を有効にする必要があります。

容量の大きなSSDに交換する場合の使い方

容量が小さいSSDから容量の大きなSSDへ変更したい場合は、「ディスクモード」でコピー元のディスクとコピー先のディスクを選択して、「セクタバイセクター方式コピー」は無効で次へ進みます。

コピー先のディスクやパーティションは実行すると消去されるので選択の間違いにご注意ください。

ターゲットディスクがSSDな場合、オプションをチェックします。」を有効にします。

パーティションのサイズは、
パーティションサイズの自動調整が良ければそのままで。
変更したい場合は「ディスクのレイアウトを編集します」を選択します。
容量を元のままコピーしたい場合は「ソースとしてコピーします」を選択します。

ディスクのレイアウトを編集します」の場合は、下側に調整後のパーティションが表示されるので、それを移動させたり伸ばしたりして調整します。数値での指定はできません。

最後より前のパーティションサイズを変更したい場合は、最後のパーティションを空き容量の後方に移動させて空き容量を容量を増やしたいパーティションの直後に配置する必要があります。空き容量のある方向にパーティションを伸ばすことができます。

コピーを実行したあと、ディスクを付け替えて起動すれば容量の増えた新しいSSDでPCを使うことができます。

ディスクを付け替えて起動できない場合は、マザーボード(PC起動時)のUEFI/BIOSの起動設定で新しいディスクから起動するように設定しましょう。

単純なコピーではなくパーティションを細かく調整したい場合は「EaseUS Partition Master」をおすすめします。

関連コンテンツ

検索

訪問数

カウンター

RSS配信

  • RSS1.0
  • RSS2.0
  • Atom0.3

目次

OS Windows
Windowsの基本/カスタマイズ/設定
ハードウェア
PC本体/PCパーツ
ソフトウェア
メンテナンス/システム
ベンチマーク
性能比較
パソコンの基本
 
セキュリティー
暗号化/インターネットセキュリティ
トラブル
エラーと不具合