PC情報 ソフトウェアAcronis TrueImage11Home
更新:2008/09/19

Acronis Ti11h クローンディスクの作成

概要

Acronis True Image 11 Homeでは、ディスクのクローンを作成することができます。

ディスクのクローンは、古いHDDから新しいHDDに引っ越すときに便利な機能です。通常はコピーできない起動情報なども含めて、HDDを交換して古いHDDと同じようにパソコンを使うことができます。

システムドライブは、異なるパソコンに接続しても正しく動作しません。これは、パソコンのシステムが異なり、元のパソコンのシステム情報では動作できないためです。パソコンが変わる場合は、新しいパソコンに接続した状態でWindowと各ドライバの再インストールを行い、正しいシステムを組み込む必要があります。システムに依存しないデータドライブ(単独の写真や画像・動画・音楽などのファイル)はパソコンが変わっても使用することができます。システムドライブのクローンディスクは同じパソコンでディスクを交換する場合に有効です。

Acronis True Image 11 Homeの「ディスクのクローン作成」では、ディスクの容量が異なる場合は、容量を調整することも可能です。

Acronis True Image 11 Homeでは、作成したパーティションの容量は、データを保持したままの容量調整は行えません。後から容量を再調整したくなった場合は、バックアップで保存した後にパーティションを削除して、再作成する必要があります。

別売りのAcronis Disk Director Suiteを用いれば、データを保持したままでのパーティションサイズの変更も可能になります。

バックアップとディスクユーティリティーのAcronis True Image 11 HomeとパーティショニングソフトのAcronis Disk Director SuiteがセットになったAcronis True Drive 2も発売中です。

【ベクター DL商品】 Acronis True Image 11 HomeAcronis Disk Drive 2Acronis Disk Director Suite 10
【ソフマップ パッケージ商品】 Acronis 製品一覧

クローン作成の手順

クローン元となる古いHDDと、クローン先となる新しいHDD(古いHDDの使い回しも可能)が必要です。

詳しくはHDD ハードディスクの交換

自動モードで作成

自動でモードでは、容量などが自動で設定されます。元のディスクがCとDの2つのパーティションがある場合、新しいHDDの容量が大きければ両方のパーティションの容量が増えて設定されます。

新しいHDDの容量が少ない場合は、元のHDDのパーティションに記録されている容量より大きければ作成可能です。記録されている容量よりも小さい場合はデータのコピーができないので設定できません。

移行させるハードディスク(元のHDD)を選択します。ドライブの容量とモデル名を参考にしてください。

次に、ターゲットハードディスク(新しいHDD)を選択します。新しいHDDはパーティションが存在しないため「未割り当て」と表示されます。古いHDDを使い回す場合は、前に使用していたときのパーティション情報が表示されます。

選択が終わると、クローン元は「オリジナル ハードディスク」、クローン先は「ターゲット ハードディスク」として表示されます。ここではまだ、データはコピーされていません。ハードディスクのパーティションレイアウトがどのようになるかを確認します。パーティションサイズを変更したい場合は、戻って「手動」モードで設定する必要があります。

クローン元のデータをどうするか選択します。ここでは、データを保持(何もしない)して、クローンに問題がないことを確認してから、Acronis Drive Cleanser機能でデータを完全消去するのが安心です。

その後、クローン元のドライブを使用したい場合は、「新しいディスクの追加」機能や、Acronis Disk Directopr SuiteやWindowsの管理ツールでパーティションを作成してフォーマットして、データドライブとして活用しても良いでしょう。

最後に、HDDにどのような操作がされるのかを確認して実行します。

手動モードで作成

手動モードでは、ターゲット(クローン先HDD)でのパーティションサイズを自由に設定可能です。

まずは「現状のまま」クローン元と同じサイズで作成して後方に容量増加分の空き、「移行先に合わせる」自動モードと同じように自動設定、「手動」容量を自分で設定、があります。


現状のままを選択した場合。容量増加分は、後方の空きスペースに、クローン作成後にパーティションを作成して新しいドライブとして使用できます。


手動を選択した場合、「レイアウト変更を行う」をチェックすることで、ここではC:ドライブ、G:ドライブの容量を自由に調整することができます。それぞれ、少し容量を増やして、後方に空きスペースを確保することもできます。

容量を変更したいパーティションを選択して、容量を調整します。変更したいパーティションの数だけこの操作を繰り返します。変更が終わりましたら、「レイアウト変更を行う」のチェックを外して、次に進みます。


変更したいパーティションを選択。


後ろを掴み、左にドラッグするとパーティションの容量が小さくなります。


中央を掴み、ドラッグさせるとパーティションの位置を移動させることができます。前のパーティションを小さくした場合は、後ろのパーティションを前に移動させましょう。


前のパーティションの容量を小さくし、後ろのパーティションを大きくする場合、前方向に広げることになります。


パーティションを調整した後の状態を確認します。

最後に、HDDにどのような操作がされるのかを確認して実行します。

 

PC情報ソフトウェア