SAKURA-PC

桜PCの役立つパソコン情報

~パソコンの購入からトラブル解決や活用まで総合案内するPC講座~
Update:

「EaseUS Todo Backup」 について

概要

EaseUS Todo Backupは、不調になったときに元に戻すための保存と復元や新しいSSD/HDDへ移行するためのバックアップソフトです。

ディスクやフォルダのバックアップなど基本機能は無料のFree版でも十分使うことができます。有料のHome版以上ではオプション設定により効率の高いバックアップの実行や、Windowsが起動できなくなった場合でも起動ディスクによるバックアップと復元が可能になります。

ここでは「EaseUS TodoBackup」のバージョン情報とエディションによる違いを紹介しています。

EaseUS Todo Backup のエディションの違いについて

EaseUS Todo Backup 製品比較 一覧

EaseUS Todo Backup エディション 比較表
シリーズ製品比較一覧 Free Home Workstation
バックアップ&復元スピード 普通 速い 速い
コマンドによるバックアップ - -
P2V変換、データのコピー及び復 - -
EaseUS Backup Centerによる集中管理 - -
テープまでバックアップ - -
Outlookメールのバックアップと復元 -
スケジュールに基づくバックアップ -
Eメールによる通知、プレ/ポスト・コマンド、オフサイトコピー、イベントベースのスケジュールバックアップ、一部のファイルを除外してバックアップ -
永久保証の技術サポート -
他のPCへのシステムの移行 -
USBのBootable Systemの作成 -
完全/増分/差分バックアップ
システム/パーティション/ファイルのバックアップと復元
ディスク/パーティションクローン、SSD/HDDへのOSの移行
MBR、GPTディスク、ハードウェアRAID、UEFIブート、WinPEブータブルディスクへの対応

EaseUS Todo Backup Free

家庭や個人のあまり使わないPCのバックアップに最適。

基本的なバックアップ機能のみ。一部の機能がロックされています。


EaseUS Todo Backup Home

家庭や個人のよく使う個人PCのバックアップに最適。

Freeエディションのロックが解除されています。

  • Freeの基本機能に拡張機能が追加
  • 異なるPCへの移行に対応
  • バックアップが不要なフォルダやファイルを除外して容量と時間を節約。
  • Outlookのバックアップと復元が可能。
  • Eメール通知、コマンド、オフサイトコピー、イベントによるバックアップのスケジュールに対応


ライセンス形態について

年間ライセンス
1年間の技術サポートと新しいバージョンへの無料アップグレードに対応しています。
サブスクリプションのようなライセンスです。契約期間の間は最新のソフトが使えます。
永久ライセンス
永久サポートと有料で新しいバージョンへのアップグレードに対応しています。
アップグレード料金は新規にソフトを購入するよりも安くなります。アップグレードをせずに古いバージョンで使い続けることが可能です。マイナーアップデートであればアップグレード料金は掛かりません。(v11.0からv11.5へのアップデートは無料。v11.xからv12.xへのアップグレードは有料)
永久ライセンス(無料アップグレード)
永久サポートと無料で新しいバージョンへのアップグレードに対応しています。
初期費用は高いですが、その後はお金が掛からずに最新のソフトを使うことができます。

EaseUS Todo Backup Workstation

仕事で使うPCのバックアップに最適。

Free/Homeとは異なる設計になっています。

  • Homeの機能にビジネスPC向きの機能を追加
  • 商用利用が可能
  • 仮想PCまたはVMwareまでシステムを移行
  • Backup Centerで中央制御
  • テープまでバックアップ

EaseUS Todo Backup Server

Workstationの機能の他に、Windows Server に対応。

EaseUS Todo Backup Advanced Server

Serverの機能の他に、Exchange Server と SQL Server のバックアップと復元が可能。

EaseUS Todo Backupのバージョンについて

EaseUS Todo Backupでは対応しているバージョンのライセンスが必用です。永久ライセンス(永久無料アップグレード版、Free Lifetime版)では同じライセンスでバージョンアップして使うことができます。

バージョンアップにはメジャーバージョンアップ(v10.xからv11.xへのアップデート)とマイナーバージョンアップ(v10.0からv10.1やv10.2などへのアップデート)がありますが、マイナーバージョンアップではライセンスの更新は不要です。

新しいバージョンが登場しても問題がなければそのまま古いバージョンを使い続けることができます。

アップデートの通知が不要の場合は設定で無効にすることができます。

家庭・個人向けのバージョンについて

v13.0 Free / Home

改善
  • 特定の場合で、ミラー保留ポリシーによるミラーの誤削除問題を修復
  • 一部の環境で、システムをクローン・復元した後、再起動する時のブルースクリーン問題を修復
  • バックアップ時に新しいファイル除外方法を採用することでバックアップの効率性を向上し、バックアップファイルの容量を大幅に削減

v12.8 Free / Home

改善
  • ディスクパーティション/システムのクローンと復元のパフォーマンスを向上
  • バックアップの質を向上
  • システムの復元が20%で止まっている問題を修復
  • デバイスがシャットダウン/再起動する場合、ユーザーがログアウトした後、計画は実行されない問題を修復

v12.0 Free / Home

新機能
  • Windows 10の最新バージョンに対応
  • Office Outlook 2019の最新バージョンに対応
改善
  • バックアップ性能を改善
  • その他の細かな改良点

Windows10の大型アップデートでEaseUS Todo Backup V11が正常に動作しなくなった場合はV12へのアップグレードが必要です。

V11からV12へのアップグレードはFree版と永久ライセンス(無料アップグレード対応)版では無料、年間ライセンス版では有効期間内のアップグレードは無料です。永久ライセンス(有料アップグレード)版ではアップグレードの購入が必要となります。

v11.5 Free / Home

新機能
異なる端末やOutlookクライアントまでメールバックアップをリストアできる
WinPEブータブルディスクを作成する時にカスタムデバイスドライバーを追加できる
機能向上
自動更新プロセス
修正
GPTシステムディスクのセクターバイセクタークローンに失敗しました
WinPEブータブルディスクを作成失敗後、再作成することができない
特定の場合においてはネットワークまでリストアできない
一部の不適切なエラーメッセージ

チップセットが新しくなった場合や新しいストレージでディスクが起動ディスクからの起動で認識できない場合、ドライバを組み込むことで認識できるようになります。その他、多くの修正が入っています。

v11.0 Free / Home

改善点・新機能
UIデザイン一新
中/高圧縮モードでのバックアップ/リカバリ速度を大幅に向上
Outlookメール復元機能を最適化
ネットワークファイルを閲覧する際のパフォーマンスと安定性を向上
他の質的改善

基本メニューが左側に移動しました。

作成したバックアップタスクの「バックアップボタン」からバックアップを実行する場合にバックアップ方法の「完全/差分/増分」を選択できなくなりました。ボタンを使わずに「タスクを右クリック」することでバックアップ方法を選択することができます。 「バックアップボタン」で実行する場合、プランの編集で設定されているバックアップ方法で実行されます。

それ以外は機能や質の改善が主で、設定方法はVersion 10.6とほぼ同じで使うことができます。

EaseUS Todo Backup Home v11.0.0.0

新機能
一新されたインタフェース。
機能向上
中圧縮モードと高圧縮モードでバックアップと回復のスピードを大幅に向上させました。
Outlook回復機能を改善することで件名、送信者、データおよびサイズが表示され、件名と送信者でメールを検索できるようになりました。
ネットワークブラウジングのパフォーマンスと安定性が改善され、ネットワーク関連の問題が修正されました。
修正
ファイルシステムエラーのため、システムクローンに失敗しました。
初期化されていないディスクを認識できない。

v10.6以前について

企業・ビジネス向けのバージョンについて

V13.8 Workstation/Server/Advanced Server/Technician

改善
  • クローンと復元の性能を高める
  • ファイルのフィルター機能を改善
  • 一部の環境ではクローン/バックアップ中にデータが一致しない問題を修正

V13.2 Workstation/Server/Advanced Server/Technician

改善点と新機能

  • SQL Server 2019に対応
  • バグ修正
  • ユーザーエクスペリエンスを向上

V13.0 Workstation/Server/Advanced Server/Technician

改善点と新機能

  • 最新バージョンのWindows 10に対応
  • 最新バージョンのOffice Outlook 2019に対応
  • 最新のSQL Server 2017でのバックアップと復元に対応可能
  • バックアップのパフォーマンスを向上
  • 仮想マシンへの変換機能をアップグレード

最新バージョンのWindows10に対応し、最新のバックアップ機能を搭載しています。Windows10の新しい大型アップデートを適用している場合はこちらのバージョン以降をお使いください。

V12.0 Workstation/Server/Advanced Server/Technician

改善点と新機能
OneDrive Business と Dropbox Businessまでバックアップ可能に
バックアップの直後にイメージの品質をチェック可能に

ビジネス向けでは家庭向けよりも一足早くVer12が登場しました。ビジネス向けクラウドのバックアップにも対応しました。

v11.5 Workstation/Server/Advanced Server/Technician

改善点と新機能
異なる端末やOutlookクライアントまでメールバックアップをリストア可能に
WinPEブータブルディスクを作成する時にカスタムデバイスドライバーを追加可能に
システムバックアップでは、システムとブートパーティションを一括に別のディスクにバックアップ/リストア可能に

関連コンテンツ

検索

RSS配信

  • RSS1.0
  • RSS2.0
  • Atom0.3

目次

OS Windows
Windowsの基本/カスタマイズ/設定
ハードウェア
PC本体/PCパーツ
ソフトウェア
メンテナンス/システム
ベンチマーク
性能比較
パソコンの基本
 
セキュリティー
暗号化/インターネットセキュリティ
トラブル
エラーと不具合