SAKURA-PC

桜PCの役立つパソコン情報

~パソコンの購入からトラブル解決や活用まで総合案内するPC講座~
Update:

PassMark Memtest86でメモリのエラーを確認する

概要

PC不調の原因にメモリが正常に動作できていない場合があります。ここでは最新のPassMarkのMemtestを使用してメモリを検査する方法を紹介します。

この記事はMemtest86 Ver7.5 Free版(無料)を基に作成しています。

Passmark Memtest86の実行画面

Memtest86の準備

Memtest86はWindowsとは別に起動して実行します。そのため、WindowsにインストールやコピーするのではなくMemtest86のための起動ディスクを作成する必要があります。

起動ディスクを作成したらWindowsを自動起動させずに、Memtest86の起動ディスクを選択して起動させます。

起動ディスクを作成する

PassMarkのMemtest86は光学ディスクかUSBメモリをMemtest86の起動ディスクにすることができます。

光学ディスクには空のCD-RやDVD-Rを使用します。ディスクの消去に対応するCD-RWやDVD-RWを使うと古いバージョンを削除して新しいバージョンで作成し直すことができます。起動ディスクはCD-RやDVD-Rはファイルの追加で作成することができないので1回ごとの使い捨てになります。

USBメモリーを使用する場合は、すべてのデータが消去されてMemtest86の起動専用になります。新しいバージョンで作り直したり、不要になれば普通のUSBメモリーに戻すことができます。

Memtest86をダウンロードする

PassMarkのMemtest86には無料のFree版と有料のPro版があります。通常のPCのメモリーの検査はFree版で問題ありません。Pro版ではECCメモリに対する追加機能や高度なレポートの生成と保存が可能になっています。

光学ディスクを起動ディスクにする場合は「Image for creating bootable CD (ISO format)」をダウンロードします。

USBメモリーを起動ディスクにする場合は「Image for creating bootable USB Drive」をダウンロードします。

PassMark Memtest86のダウンロード1PassMark Memtest86 のダウンロード2

Memtest86をCD-R/DVD-Rに作成する

memtest86-iso.zipを解凍すると「Memtest86-7.5.iso」または「Memtest86-7.5」(拡張子が表示されない場合)があるので、右クリックして「ディスクイメージを書き込み」を開きます。

ISOファイルはディスクイメージとして書き込むことで起動ディスクになります。通常のファイルとして書き込む(ファイルをエクスプローラーでコピーするなどする)と起動に使うことができません。

古いWindowsではディスクイメージの書き込み機能が無い場合があります。そのような場合にはディスクへの書き込みソフトを使う必要があります。

書き込み可能な光学ドライブが複数ある場合は、書き込みに使うドライブを選択します。

「書き込み後のディスクの確認」を有効にすると書き込まれたファイルが正しい状態かを検査することができます。書き込み後にディスクを読み込み調べるため終了までの時間が長くなります。書き込みの失敗を判断するために有効にすることをおすすめします。

Passmark Memtest86のCD/DVD 起動ディスクの作成1Passmark Memtest86のCD/DVD 起動ディスクの作成2

Memtest86をUSBメモリーに作成する

選択したUSBメモリーのデータが消去されるので不要なUSBドライブは取り外しておくことをおすすめします。

memtest86-usb.zipを解凍すると「imageUSB.exe」または「imageUSB」(拡張子が表示されない場合)を実行(開く)します。

「imageUSB by PassMark Software 」が起動したら「Step1」でMemtest86の起動ディスクにしたいUSBメモリーを選択します。

「Step2」で「Write image to USB drive」を選択します。

「Step3」で「memtest86-usb.img」のあるフォルダを選択します。起動したimageUSBと同じフォルダに含まれるため初期状態のまま変更する必要はありません。

「Step4」の「Write」ボタンで実行します。

確認ウインドウが表示されるので、表示されてるUSBメモリーで正しい場合は「Yes」と「はい」で進めます。

「Imaging Compreted!」と表示されたら完了です。「OK」ボタンで表示を閉じます。メインウインドウも「Exit」で表示を閉じます。

Passmark Memtest86のUSBメモリを起動ディスクにする1
Passmark Memtest86のUSBメモリを起動ディスクにする2
Passmark Memtest86のUSBメモリを起動ディスクにする3
Passmark Memtest86のUSBメモリを起動ディスクにする4

USBメモリの空き容量を活用する

大容量USBメモリで空き容量をファイルの保存や移動などに使いたい場合、Memtest86の起動ディスクを作成したあとに空き容量をフォーマットして使うことができます。

作成したUSBメモリーは「49MBのFATパーティション」と「99MBのEFIパーティション」と「空き容量」となっています。

Windowsの「ディスクの管理」機能で「空き容量」をフォーマットすることでそのスペースを通常のUSBメモリーとしてのファイルコピーに使用することができます。

Windows10の場合、スタートボタンを右クリックしたメニューからでも「ディスクの管理」を素早く起動することができます。

USBメモリの空き容量を活用する
USBメモリの空き容量に新しいパーティションを作成する

Memtest86起動用のUSBメモリーを通常のUSBメモリーに戻す

「Step2」で「Reformat USB drive」を選択して「Step4」の「Write」ボタンで実行することで、NTFSまたはFAT32の単一パーティションのUSBメモリーに戻すことができます。

USBメモリー全体が消去されるので空き容量を使用している場合はご注意ください。

フォーマットに失敗した場合やexFATなど異なる形式でフォーマットしたい場合にはパーティション管理ソフトやWindowsのディスクの管理で「ボリュームの削除」をしてから「新しい シンプルボリューム」でフォーマットしてください。

PassMark Memtest86のUSBメモリを削除するWindowsのディスクの管理でフォーマットする

Memtest86の実行

Memtest86を起動する

最新のバージョンのMemtest86はUEFIモードで起動する必要があります。レガシーによる起動では青い画面のVer4.3が起動します。

マザーボードのUEFIのブートメニューを使用してUEFIでの起動を選択して起動させましょう。

ASUS製の場合、DELキー起動によるUEFI設定にブートメニューが含まれています。起動時にDelキーの代わりにF8キーを押してることで直接ブートメニューを表示させることができます。

ASRoc製の場合、UEFI設定とブートメニューが別の起動になっている場合があります。その場合、起動時にF11キーを押していることでブートメニューを表示させることができます。

詳しくはマザーボードのマニュアルをご確認ください。

BDドライブのCD-R/DVD-Rから起動する場合

UEFIと表示されているBDドライブを探して選択します。UEFIではないBDドライブから起動すると青画面もVer4.3のMemtest86が起動します。

Asrock UEFIのブートメニューでUEFIの起動ディスクを選択する

ASRock Z77 Extreme6の場合は起動メニューを開くには起動時にF11キーを押して開きます。

ASUS Z97A-USB3.1の場合はDelキーでUEFI設定を開いた中にブートメニューがあります。F8キーで直接ブートメニューを開くこともできます。

ASUS UEFIのブートメニューでUEFIの起動ディスクを選択する

USBメモリーから起動する場合

UEFIと表示されているUSBメモリを探して選択します。

UEFIのブートメニューでUEFIの起動ディスクを選択する。USBメモリーの場合

UEFI起動対応ののUSBメモリが複数表示されてしまう場合はどれかが起動できます。パーティション構成などにより複数の起動設定が表示されてしまうことがあるようです。

Memtest86を実行する

UEFIで起動したら黒い画面で表示されます。UEFIに対応していない場合やUEFI以外で自動起動した場合は青い画面で古いPC用のバージョンが実行されます。

何も操作をしなければ標準設定で自動実行されます。

設定を変更する場合は起動時に → キーで「Config」を開くか、実行中に「ESC」で中断して「3」キーで設定画面を開きます。

Passmark Memtest86 Ver7の起動画面

日本語表示に変更する

設定画面で「E」キーを押すことでS(e)ttingsを開きます。Languageで「Enter」キーを押して「日本語」を選択します。

Passmark Memtest86 Ver7のConfig画面
Passmark Memtest86 Ver7の言語を日本語表示にする

メモリーの検査項目を変更する

「T」キーを押して(T)est Selectionを開きます。

「↑」「↓」キーで実行しない項目を選択して「Enter」キー押すことでチェックマークが切り替わります。チェックマークが付いている項目が実行されます。

「Number of passes(テスト回数)」を選択して「Enter」で「数字キー」でテスト回数を指定します。

不具合があるかどうかの定期検査でのおすすめ設定は「Test 13 Hammer test」を無効にして回数1回または2回がおすすめです。

Passmark Memtest86 Ver7のメモリのテスト項目を変更する

Memtest86でエラーが発生したら

Hammerエラー以外はあってはならないことです。

Test:13 Hammerエラーは状況により無視しても構いません。古いバージョンでは検査が厳しすぎて正常なメモリでもエラーが大量に報告されることがありましたが、現在のバージョンではその問題は解消されています。メモリが微細化するほどに設計と製造上の理由によりHanmmerエラーが起こりやすくなっています。Hammerエラーについて興味のある方は難しい話になりますが「Row hammer error」で検索してみましょう。

Hammerエラーはマザーボードでのメモリ設定のリフレッシュレート(DRAM Refresh Interval / tREF など)を高める(数値を低くして頻度上げる)ことで抑えることができますが、書き換えが増えるため動作が遅くなります。

エラーがない場合

Passmark Memtest86 Ver7でエラーがない場合の画面

エラーがある場合

Passmark Memtest86 Ver7でエラーが在る場合の画面

エラーがある状態で使っていると、Windowsがブルースクリーンエラー(青画面のエラー表示)が表示され

て再起動する、アプリケーションの起動に失敗、動作中に強制終了、終了処理に失敗して記録中のデータが壊れる、保存したファイルの一部が間違っている、などが生じます。

メモリの後方に少しエラーがでるだけの場合は、PCの使用中に分からない場合があります。その場合でも、使用するメモリの容量が大きくなった時(エラーが発生するメモリアドレス使用したとき)に問題が生じます。一番分かりにくく困るのが保存したファイルが壊れていて、そのファイルを使うときに初めて異常に気がつく場合です。

PCがおかしいなと思ったらとりあえずMemtestを実行することをおすすめします。

メモリの設定で解決できることもある

メモリ本来の性能が出ていない場合やエラーが発生する場合、マザーボードのメモリの設定を変更することで解決できることがあります。

関連コンテンツ

検索

訪問数

カウンター

RSS配信

  • RSS1.0
  • RSS2.0
  • Atom0.3

目次

OS Windows
Windowsの基本/カスタマイズ/設定
ハードウェア
PC本体/PCパーツ
ソフトウェア
メンテナンス/システム
ベンチマーク
性能比較
パソコンの基本
 
セキュリティー
暗号化/インターネットセキュリティ
トラブル
エラーと不具合