PC情報WindowsWindows Vista
更新:2009/05/24

ユーザーアカウント制御(UAC)

EIZOダイレクト専用モデル コンパニオン5 オフィスの収納家具

概要

ユーザーアカウント制御とは、Windows Vistaで新しく追加されたシステムを保護する強力なセキュリティーです。

Windows XPではアカウントを管理者と一般ユーザーとを分けて、管理者権限が必要なそうさは、管理者でログオンしなければなりませんでした。Windows Vustaではユーザーアカウント制御により、標準ユーザーでは管理者の権限が必要な操作は管理者のパスワードを入力することでログオンし直さずに操作を続行することができます。

ユーザーアカウント制御はとても強力で、システムに影響を与えるようなプログラムでは実行前に毎回警告が表示されてしまうため煩わしく感じる機能です。反面、不正なプログラムがユーザーの予期せぬところで動作してしまうのを防いでくれます

UACを無効にする方法

ユーザーアカウント制御は新しい機能のため、導入する製品がまだ効率よく対応しているとは言えません。必要に応じて、有効や無効を切り替える必要があります。

ユーザーカウント制御の設定は、
コントロールパネル→クラシック表示→ユーザーアカウント→「ユーザーアカウント制御の有効化または無効化」→「ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる」
のチェックで切り替えます。動作が変わるのは再起動後になります。

厳しすぎるUAC

とても強力なため、ユーザーアカウント制御がとても煩わしいことがあります。

UACの挙動不審についてはServicePacke1(Windows Vista SP1)で改善しました。UACの挙動不審は解消されましたが、UACが厳しいセキュリティ機能であることに変わりありません。

UACを無効にすることでWindows XPと同じように煩わしくなくWindows Vistaの使用が可能になります。UACを無効にしてもWindows XPよりも高いセキュリティーを実現しているので、セキュリティーリスクを理解している方はUACを無効にしてしまいましょう。

よく分からないという場合は無効にしないことをおすすめします。UACにより、PC初心者のセキュリティーリスクからパソコンを保護してくれます。

MS-IMEではUACを有効にしていると使用される辞書がセキュリティーの切り替えによって別の辞書が使われます。別の辞書に変わってしまうことで、ユーザーが登録した顔文字などの辞書が消えたように感じることがあります。この現象もUACを無効にすることで解決することができます。

Windows Vista SP1前に確認した現象

Media Centerではなく、独自の使いやすいアプリケーションによりテレビの視聴や録画ができる、アイオーデータのmAgictTV5では、ユーザーアカウント制御を有効にしていると、タイマー録画などで必要なスタートアップに登録されているプログラムが自動実行されません。また、デスクトップなどに登録されたアイコンも、その都度警告が表示されて「許可」を与えなければ動作しません。Media Centerよりも使いやすい機能が提供されているためとても残念です。

この問題を解決するために、Windows Vista対応のmAgicTV5をインストールすると、ユーザーカウント制御が「無効」設定に切り替わります。

Windows Vista標準のInternetExplorerで、ユーザーアカウント制御が有効な場合にお気に入りの追加やエクスポートができなくなることがあるのを確認しました。お気に入り(ブックマーク)の操作でエラーが発生する場合はユーザーアカウント制御を無効にしてお試しください。

ユーザーアカウント制御を無効にしていると、反対に異常が生じるアプリケーションもあるのが問題を複雑にしています。

Adobe Raeder 8.0をインストールすると、ユーザーアカウント制御が無効な場合に「Temp フォルダがあるドライブがいっぱいか、アクセスできません。」というエラーが表示されてしまいます。ユーザーアカウント制御を有効にすることでこの問題は発生しなくなります。

関連情報

セキュリティーセンターの警告を表示させない方法