PC情報ソフトウェア
更新:2009/01/26

Acronis Disk Director Suite10の使い方

概要

Acronis Disk Director Suiteは、ディスクドライブのパーティションを変更するためのツールです。

バックアップソフトのAcronis True Image 10 HomeとセットになったAcronis True Drive 2もあります。
Acronis True Image 10 Homeについてはこちら

DiskDirector Suite 10 メイン画面

製品購入前に、トライアル版で手順をご確認ください。
 ※トライアル版ではパーティション操作の実行はできません。
・ラネクシー Acronis DiskDirector Suite 10の詳細とダウンロード

【PR】ベクターダウンロード:Acronis Disk Director Suite 10.0 Acronis True Drive 2
【PR】ソフマップ:Acronis Disk Director

アップデータ

なるべく不具合の修正や新しいハードウェアに対応した最新の状態でご使用ください。起動用CDも最新の状態に更新してください。
現在、ビルド:2183(2008/04/01)が最新となっています。製品を起動してバージョン情報を表示することでお使いのバージョンを確認することができます。
・ラネクシー アップデータ一覧

Acronis Disk Director Suite バージョン情報

パーティションについて

ハードディスクでは、1つのディスクに複数のパーティションを作成して、CDEなど複数のドライブレターに分けて管理することができます。

ドライブを分けることで、お互いの影響を減らすことができます。例えば、システムに異常が発生してCドライブをフォーマットしても、Dドライブのデータはそのまま残ります。

同じディスクドライブでは故障するとすべてのパーティションに影響します。そのため、バックアップは別のディスクに行う必要があります。

ディスクドライブのパーティション
ディスクドライブのパーティション
MBRはマスターブートレコードでパーティション情報が格納されています。
※総容量320GBのディスクは実容量で約280GBになりますが、ここでは見やすい数字にしました。(コンピューターでは1GB=1024MBで扱うため)

Windowsの標準機能ではコントロールパネルのコンピュータの管理により、パーティションの作成とフォーマットはできますが、その他の操作はコマンド入力による上級者向けとなっていますが、市販のパーティショニングツールを使うと簡単に扱うことができます。

Acronis DiskDirector Suiteでできること

データを消さずにパーティションのサイズ変更
 同じディスクのCドライブの容量を大きくしてDドライブの容量を少なくする

ディスクやパーティションの完全消去
 ファイル復元ソフトでデータを吸い出せない消去でセキュリティー保護

ディスクやパーティションのコピー
 Windows形式以外のパーティションもそのままコピー
 新しいディスクに環境を引っ越すディスクの交換

パーティションのサイズを変更してのコピー
 大きな容量のディスクにパーティションサイズを大きく(空き容量を増やす)してコピー
 小さな容量のディスクにパーティションサイズを小さく(空き容量を減らす)してコピー

Windowsのファイル形式以外のフォーマット
 Windows以外で使用できるパーティションの作成

パーティーションの結合
 CドライブにDドライブを繋げて大きなCドライブとしてアクセス

データを保持したままファイル形式の変換
 FAT32でフォーマットされているのをNTFSに変換

パーティションの復元
 消えてしまったパーティションを復元
 削除されたパーティションからのデータの救出
 ※完全消去や上書きされている場合、HDDの故障が原因の場合は復元不可

CD起動によるパーティションの操作
 Windowsインストール前のパーティションの整理
 Acronis True Imageとセットになった起動CDの作成も可能
 注:最新のハードウェアでは接続しているディスクが見えない場合があります。その場合、Windows上から実行するか、最新のハードウェアに対応したアップデートを適用して起動CDを作成してください。また、ドライブレターの割り当てがWindows動作中とは異なりますので、ボリューム名でドライブを判断してください。(CDEのドライブ文字は固定ではない)

IDE,SATA,SCSI,USB,IEEE接続をサポート
 外付けHDDのパーティションを操作

HDDデータの直接編集
 セクタ情報を直接編集や保存が可能(上級者向け)

マルチOSブートマネージャ
 複数のOSをインストールして選んで起動
 サポートするOS[DOS、Windows 3.1/95/98/Me/NT/2000/XP/2003/VISTA、Linux、FreeBSD、Solaris、SCO UNIX、UNIXWARE、OS/2、BeOS、QNX]
 注:必ず先頭パーティションに、サポートしている Windows がインストールされている必要があります。コンピュータのリカバリー領域や、メーカー独自の隠しパーティションは事前に削除しておかなければご使用になれないケースがあります。

制限事項

仮想環境での動作はサポートしておりません。

圧縮ドライブ、ダイナミックディスクには対応しておりません。

RAIDには対応しておりません。

IDEで137GBを超える大容量HDDのご使用は、PCのBIOSとOSに依存します。

SCSI HDDをご使用の場合は、SCSI BIOS搭載のSCSIボードが必要です。大容量SCSI HDDをご利用の場合は、拡張INT13割り込み(INT13Extention)に対応したSCSIボードを使用してください。

購入前に体験版にて動作確認することをお勧めします。
・ラネクシー Acronis DiskDirector Suite 10の詳細とダウンロード

Acronis OS SelectorはMBR( マスターブートレコード) およびパーティション情報を書き換えますのでマルチブート対応ソフト、パーティション調整ソフト、復元機能を持つソフト・ハードなど、OS が起動する前に動作する環境下ではインストールできません。

Acronis OS Selectorは、FAT16/32、NTFS以外のファイルシステムにはインストールできません。

マルチブート環境構築の際は、1つ目のOSとしてWindowsがインストールされている必要があります。

ハードディスクにリカバリー領域を持つパソコンの一部では、リカバリー領域を削除しなければご使用になれない場合があります。

Acronis OS Selectorは、操作ミスなどでOSが起動できなくなるなどのトラブルを起こす可能性があります。重要なデータ等はバックアップをとる事をお勧めします。

Acronis OS Selectorの操作によって重要なデータやインストールしたOSが消去された場合等のサポートは行いかねます。

不良セクタのあるハードディスクにはインストールできない事があります。

ハードディスクに不良セクタ等のエラーがあると、正しく動作いたしません。


パーティションサイズを変更

PC情報ソフトウェア