目次:PC情報ハードウェアメモリー
更新:2014/06/15

メモリの選び方

使えるメモリを選ぶ

メモリを形状で選ぶ

デスクトップPCではDIMM、ノートPCではSODIMMやMicroDIMMが採用されています。

形状の大きさは DIMM>SODIMM>MicroDIMM となります。

小さな形状では搭載できるメモリチップの数が少なくなるため、大容量メモリでは、低コストな容量のメモリチップを多く搭載できるDIMMよりも、搭載できるメモリチップの枚数が少ないSODIMMの価格が高くなります。

デスクトップメモリとノートメモリ
上がデスクトップ用のDIMM、下がノートPC用のSO-DIMM。
SO-DIMMは形状が小さいため、大容量メモリはデスクトップ用のDIMMよりも高価になる。

メモリを種類で選ぶ

DDR3 SDRAM

現在主流のメモリです。メモリの動作電圧の違いにより種類があります。

DDR3メモリの電圧について

通常は1.5VのDDR3が使われています。標準の規格では1.5Vですが、デスクトップ用では1.35V/1.50V/1.65Vの製品が販売されています。1.65VはPC3-17066(2133MHz)以上の高クロックメモリ、1.35VはPC3-12800(1600MHz)以下のメモリで多くなっています。

動作電圧と性能は別に明記されています。PC3-12800(1600MHz)CL9として販売されているメモリで、1.50Vと1.35Vがある場合どちらを使用しても性能は同じです。

省電力のノートPCでは1.35VのDDR3Lなどが使われることも多くあります。

低電圧のメモリに対応できないとても古いマザーボードでは、高い電圧でメモリを壊してしまう場合もあるので注意が必要です。現在では、基準が昔よりも低電圧にシフトしており高電圧メモリを使うと問題が生じる場合があります。メモリコントローラーがCPUに内蔵されたことで、CPUが耐えられない電圧を使用するメモリはCPUを破壊してしまう場合もあると注意喚起されています。 標準電圧が1.65Vのメモリをオーバークロックして使う場合はご注意ください。

異なる電圧のメモリを混在すると正常に動作しない可能性が高いため増設する場合は注意が必要です。マザーボードの設計が、メモリのソケット一つ一つに異なる電圧を設定できる場合は混在も可能ですが、メモリタイミングの相性によりエラーが生じる可能性が高く残ります。ソケットの電圧が一律に設定される場合は、低い電圧に合わせれば高い電圧のメモリが正常に動作できなくなり、高い電圧に合わせれば低い電圧のメモリが破壊されてしまいます。

設計は同じ品質のメモリで、PC3-15000 1.5VをPC3-12800 1.35Vとして設定を変えて販売している製品では、1.5Vでも正常に動作します。そのため、DDR3として1.35Vの場合は、設計上は1.5V対応ですが「電圧を通常より低くしても動作できるので低い電圧に設定した」という製品が多くその場合は1.5Vでも正常に動作できDDR3L 1.35Vは低い電圧用に設計されているので高い電圧では問題が生じる可能性が高いと言えます。あくまでも可能性のことであり見た目では判断することができないので、できれば異なる電圧の混在は避けるのが賢明です。

DDR2 SDRAM

少し古いPCで使われているメモリです。現在はほとんど生産されていないため、DDR3メモリよりも価格が高くなっています。

その他のメモリ

DDR2 FBはサーバー向けに使われているメモリです。

DDR SDRAMはDDR2 SDRAMよりも古い規格です。ここからDDR2、DDR3へと進化しています。

高信頼性のECC

ECC(Error Correcting Code)はメモリ上で強力なエラー訂正を行う機能です。

ECCが機能すると、メモリのビットに間違いが生じても修正されるので、高度な処理を円滑に進めるワークステーション等で必須となっています。ECCを使うには対応したシステムが必要で、一般的なPCでは対応していません。

メモリを性能で選ぶ

販売されるメモリのスペックはDDR3-1600 (PC3-12800) CL9 1.5V というように明記されるのが一般的です。

データ転送速度で選ぶ

現在主流のPCでは、必要とされるメモリ性能はCPUに依存します。

DDR3-1600 (PC3-12800) はメモリのクロック性能(データの転送速度)を表しており、1600MHzでデータ転送速度が12.8GB/sであることを意味しています。

数値が大きいほど、CPUと連携して短い時間で大きなデータを処理することができます。

DDR3-1600MHzが必要なシステムでDDR3-1866MHzを使用してもCPUが必要とする性能よりも高いため、更なる性能の向上にはあまり影響しません。反対にDDR3-1333MHzのメモリを使用した場合はCPUが必要とする性能よりも低いため全体の性能が下がりますが、この場合でもほとんど分からない程度です。

CPUのクロックもメモリのクロックも、少しの違いでは体感できません。しかし、PC全体の性能としては塵も積もれば大きな性能の違いとなって表れます。

DDR3-1866MHz (PC3-15000)
Intel LGA2011 (Core i 4000シリーズのハイエンド・デスクトップ・プロセッサー)のシステムで使用。
4枚のメモリに並列にアクセスするクアッドチャネルにより、59.7GB/sの転送速度になります。
DDR3-1600MHz (PC3-12800)
Intel LGA2011/1150/1155 のシステムで使用、ノートPCで使用。
IntelではCore iの第四世代(Core i 4000シリーズ)と第三世代(Core i 3000シリーズ)で必要とされる性能です。2枚のメモリに並列にアクセスするデュアルチャネルによりCPUとの接続は25.6GB/sとなります。
ハイエンドのCore i7-3900/3800では4枚のメモリに並列にアクセスするクアッドチャネルにより、51.2GB/sの転送速度になります。
DDR3-1333MHz (PC3-10600)
Intel LGA1150/1155/1156 のシステムで使用、ノートPCで使用。
第二世代と初代のIntel Core iシリーズで必要とされる性能です。
DDR3-1066MHz (PC3-8500)
Intel LGA1366 のシステムで使用、ノートPCで使用。
ハイエンドのIntel Core i-900シリーズでは、DDR3-1600MHzのメモリの生産が十分ではなかったために、DDR3-1066MHzのメモリを3枚並列にアクセスするトリプルチャネルにより、DDR3-1600MHzを2枚使うのと同じ25.6GB/sの転送速度にしています。
DDR3-800MHz (PC3-6400):
ノートPCで使用。
DDR2-800MHzからの移行に用いられています。現在では主に、CelelonやAtom搭載の低価格ノートPCに使われています。

レイテンシ(CL)で選ぶ

レイテンシはメモリの応答の待ち時間を表しています。数値が小さいほど応答が早くなります。

メモリのやりとりの回数が多い場合はレイテンシの影響が大きくなり、処理するデータの容量が大きい場合はデータの転送速度の影響が大きくなります。

クロックが高いモデルほどレイテンシは遅くなる傾向にあります。

PC3-15000 CL9PC3-17066 CL11では、PC3-17066の性能を引き出せるCPUが無いため一般的には後者はあまりメリットがありません。PC3-12800を必要とするCPUでは、PC3-15000 CL9PC3-12800 CL9では両者の違いはほとんど変わらず全体の誤差の範囲でしかありません。

将来CPUやシステムをアップグレードする可能性がある場合は、同じCL値であれば性能が高い方を買っておくとメモリを買い換える必要がなく安心です。ただし、メモリの規格が現在のDDR3からDDR4に変わる可能性もあり、その場合は使えなくなってしまいます。

異なるメモリを混在した場合

性能が異なるメモリを複数接続した場合はマザーボードで性能が低い方に合わせます。

容量が異なるメモリを複数接続した場合は、デュアルチャネルやトリプルチャネルで動作させる場合は容量が低い方に合わせます。シングルチャネルでは全容量が使用できます。

シングルチャネルでの動作になった場合のデータ転送速度は、メモリ設定が同じでもデュアルチャネルの半分に、トリプルチャネルの3分の1に、クアッドチャネルの4分の1に制限されます。

例:性能と容量が異なるメモリ1とメモリ2を接続した場合
製品 メモリ 1
DDR3-1600MHz CL9 4GB
メモリ 2
DDR3-1333MHz CL9 2GB
JEDEC,XMP
(対応している内部設定)
1600MHz CL9
1333MHz CL8
1066MHz CL7
に対応している場合
1333MHz CL9
1066MHz CL8
に対応している場合
1333MHz デュアルチャネル
の動作設定
1333MHz CL9 2GB + 1333MHz CL9 2GB として動作
1333MHz シングルチャネル
の動作設定
1333MHz CL9 4GB + 1333MHz CL9 2GB として動作
1066MHz デュアルチャネル
の動作設定
1066MHz CL8 2GB + 1066MHz CL8 2GB として動作

マザーボードでは、接続したメモリが持つJEDECやXMPの情報により自動的に設定されます。

設定を低い方に合わせても、メモリ同士の相性によりタイミングがうまく合わずにエラーが出てしまうことがあります。その場合、手動で更に低い設定に変更するとエラーが起きなくなる場合があります。

性能と品質

メモリチップは半導体であるため、品質により使える性能が変わります。

品質が高いメモリは高い性能のメモリとして選別されて使われます。同じ性能で運用する場合、高い性能で動作できないメモリを定格で使うよりも、品質の高いメモリを低い性能で動作させる方が安定性が高くなります。

現在、DDR3のメモリの品質は安定しており、品質が高いメモリは高性能・高価格モデルに、低い製品は低性能・低価格モデルとして選別されています。そのため、高い性能のメモリを通常の性能で使うことの品質面でのメリットがあります。

日本の高温多湿は経年劣化が進みやすい環境です。永久保証メモリはあくまでも、同じPCで使う場合に「故障したら無償で交換しますよ」という程度のものです。メモリの製品としての品質とはあまり関係ありません。

対応しているメモリプロファイルの違い

現在のメモリはそのメモリが安定して動作できる設定がプロファイルに記載されています。

メモリを取り付けると、プロファイルの設定を読み込み自動で設定されます。

メモリの設定はSPDに格納されていますが、標準規格のJEDEC設定と拡張規格のXMP設定に分かれています。

マザーボードにより自動設定はJEDECを優先して適用されますが、JEDECで1600MHzまでしか規定されていませんので、それ以上の高い性能で動作するメモリでは、マザーボードのBIOSの設定でXMPを選択しないと、そのメモリの本来の性能が発揮されないことになります。

また、DDR3-1600MHzがJEDECで規定されたのは後になってからのことで、1600MHzからXMPに切り替わるメモリが多くあります。

XMPプロファイルで性能が発揮されるメモリは、オーバークロックメモリという表記をしているお店もあります。

DDR3-1600MHzのメモリを自動設定のままで使いたい初心者の方はDDR3-1600MHz対応でJEDECのものを選びましょう。XMPやオーバークロックメモリでもマザーボードのBIOS設定でメモリ設定を選択して変更するだけなので現在は難しくはありません。

XMPはIntel 主導の規格であるため、AMD系ではXMPの設定が使えません。その場合はXMPの設定を表示させたり、メーカーサイトやパッケージから設定の詳細を確認して手動設定が必要になります。

AMDでは代わりに、BEMP(Black Edition Memory Profiles)がありますが、これはネットワークからメモリの情報をダウンロードしてWindows上で設定を行うものです。

メモリの冷却

メモリも熱によって故障するパーツです。

DDR3では電圧が低くなりましたが、動作クロックが高くなったことで熱量の低下は相殺されてしまいます。1600MHz以上は発熱に注意が必要です。また、メモリソケットをすべて埋めて、メモリの隙間が小さくなることでも熱が逃げにくく溜まりやすくなります。

半導体の熱を冷ますのがヒートシンクと呼ばれる冷却パーツです。熱源となる面積が小さなチップから、金属の板に熱が広がり外に拡散させるのがヒートシンクです。ヒートシンクの熱は風を当てることで冷まします。

メモリのヒートシンクには冷却目的では無く、販売単価を上げるためのデザインとして単に付けられた物(チップの熱が拡散されない)があるので注意が必要です。


CORSAIRは負荷の高いゲームPCでも安定動作できる信頼の高いメーカーです。

ヒートシンクは面積が広いほど熱を拡散しますが、メモリの厚みと長さには制限があるため、広げるのは高さ方向になります。大型のCPUクーラーで、CPUクーラーのヒートシンクがメモリの上に掛かる場合は、高さのあるメモリを取り付けできない場合があるので注意が必要です。

メモリ付近に風が通らず熱が高まってしまう場合には、メモリソケットにファンを取り付けるという方法があります。

ヒートシンク付き
メモリの上から風を送ることでメモリソケットの隙間の熱もしっかり飛ばせるメモリクーラー。


メモリの取り付けに干渉しない大型のCPUクーラー『Scythe グランド鎌クロス』でメモリも一緒に冷却。

PR 販売店情報

ツクモの交換保証では、不具合ではなく間違えて違う種類を購入した場合や性能に満足できなかった場合でも交換可能です。

関連情報

メモリの基本
搭載できるメモリーの最大容量、メモリーの数、メモリーの種類について。どれを選んだらよいのかの基本を説明。
メモリー不足を確認する
Windows 7/VistaとWindows XPでメモリーが足りているか確認。
メモリーの取り付け方
デスクトップのマザーボードにメモリーを接続する。ノートPCのメモリーソケットに接続する。
メモリー診断Memtest86+
メモリを取り付けたら、エラーが発生しないかを確認。たくさん数を接続するほど正常に動作するためには品質がシビアに要求されます。

History

2014/06/15
メモリ電圧の説明を追加、「メモリを性能で選ぶ」を更新。
 
2013/07/11
新規

アンケート

Q1.評価を選んで下さい

参考になった
参考にならなかった

Q3.内容について選んで下さい

内容が充実している
内容が乏しい

Q2.分かり易さについて選んで下さい

十分理解できた
なんとなく理解できた
よくわからない

感想や意見、要望などがありましたら記入して下さい。サイト作りの参考にさせていただきます。 内容の誤りに気づきましたら、できるだけ詳細をご記入ください。

(ロボットでないことの証明が必要です)

目次:PC情報ハードウェアメモリー